アローチャートの研修を行った後に、「勉強会を立ち上げたいけど、指導者がなく、自分たちだけで行うのは不安なんですが」ということを伺うことがあります。ことがあります。

研修を受ける=学ぶ、といった印象がありますが、本当の学びの場は、「学びたい」と思った人たちが行動しあい、時にはブツブツと、時には喧々諤々と、言葉を発しながら、思考を確かめあうところにあるのではないでしょうか。

10月末に行われたアローチャート学会のあとから、いろいろなところで、報告会が行われたり、勉強会が立ち上がったりしています。それが、学会が行われた一つの成果であり、アローチャートが実践に根付いているからこそだと思います。

「学ぶ」ということの語源は、「真似る」ということだそうです。

DSC_0117

もし、勉強会を始めようと思われても、難しいことを考える必要はありません。

研修会で配布された資料を読み直してみること。

研修会で用いられた事例等で、どのような講義をされたのかを振り返ってみること。

身近なところで、原因と結果を考えてみること。

この結果の原因はこれだと思っていたことを、もう一度、疑ってみること。

そんな、考え方の基礎を真似てみることから、初めてみてはどうでしょうか?

(投稿 @あろま)