2016年5月吉日

第3回 アローチャート学会 熊本大会 開催宣言

アローチャート研究会
会長 吉島 豊録
第3回 アローチャート学会  熊本大会
実行委員長 佐野惠子

 

私(吉島)が棲んでいる山口県下関市。
『下関はね、台風は逸れるし、地震は来ん、運のいい所なんよ』と祖母や母から教えられて育ちました。確かに、私の60年の記憶を遡っても、(台風の被害はありましたが)、地震の被害というものは思い出せません。

その山口県下関市が14 日、16 日、揺れました。
「ばあちゃん!下関も揺れたよ。」天国で祖母も驚いているはずです。
もちろん、熊本・大分の揺れに比べればメダカがクシャミをした程度です。

アローチャート研究会が大切にしている行事の一つに『学会』があります。
2013年 第0回 アローチャートミーティング in 神奈川
2014年 第1回 アローチャート学会 滋賀大会
2015年 第2回 アローチャート学会 神奈川大会
と歩んで来ました。

そして、2016年は、熊本大会です(実行委員長:佐野惠子さん)。
熊本県の皆さんは、1年以上前から学会の準備を始めてくださっていました。

それなのに、今回の大地震です。

「学会なんて言ってる時じゃない。支援だ。復興だ。」
そう思いました。
そして、「第3回学会は幻の学会にして、いつの日かやり直せばいいんだ。」

そう一旦は決意しました。

しかし、時が経つにつれ、
「熊本で予定通りやって欲しい」、「熊本に行きたい」、「こんな時だからこそやるべきじゃないのか」、そしてなにより、「熊本に皆さんが来てくれるなら精一杯おもてなしをするから!」そんな現地からの声にも接しました。

皆さんの声に、一旦は中止しようと決意した自分が恥ずかしくなりました。
「復旧とは『いつも通り』を目指すもの。ならば、できる範囲で『いつも通り』をやればいい。研究発表ができなくても、会場がなければ広場でも、復旧のお手伝いをさせていただき、それを『学会』とすればいいやん!」

その思いに至りました。

 第3回 アローチャート学会  熊本大会

を予定通り開催すること、実行委員長の佐野惠子さんと共に
改めて宣言します。

熊本でお会いしましょう!


~アローチャート研究会 入会ご希望の皆さまへ~
こちらのページより「入会申込書」をダウンロードしてお申込み下さい。

アローチャート研究会 会員の募集