吉島ゼミ 3期生(講師養成課程)「カワセミ」の受講生が感想や意気込みを吐露するwリレートーク!10回目

いよいよ、残りのバトンも少なくなってきました。

今回は、ブログでもお馴染みの「しゃん」さん。カオスの中に…

自分の殻を破る事はなかなか出来ることではない。右往左往しながら人に見られたくない恥部をさらけ出さないといけないから。
人は泥臭ささをさらけ出しているようでも隠していることが多分にあるもの。もちろん僕もそう。
だか、カワセミでは見事なまでに恥ずかしい自分を安心して出せる「危険な安全地帯」と「仲間」を得られた気がする。
この「緊迫と抱擁の同居」と言うカオスを共有した「仲間」には、不思議と気に掛けることが出来るものだ。
しかし、仲間と共に成長したい自分と仲間であるが故に負けたくない自分がいる。
ゼミは修了したが、ここからが勝負である。

@しゃん