下草に紛れて

目立だずそっと控えてる

花の時期まで

 

花の時期がきても

そっと俯いて開くのを考えあぐねているようだ

 

太陽が高く上がった時だけ

にこっと笑って咲いて

そしてまた恥ずかしそうに下を向く

 

自信が無いときの誰かに似てる

 

日が昇ればまた笑顔になれますように

 

 

投稿者@まるあ