アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

あろーちゃーと散歩

価値サポーター

かけがえのない貴方の存在に 意味を添えるという 大切な役割を果たすために 言葉は惜しみなく豊かに遣う   かけがえのない貴方を 尊重するために 沈黙は温め 言葉は最小限にする   一見 相反するようだ …

言葉と言葉の間にあるもの

おしゃべり上手な人が 対人援助の仕事に向いているとは限らない   人の気持ちを聴くときは 口数が多いことが 邪魔してしまうこともある     人の話を聴くからには 間を大切に 沈黙に耐える力 …

旅日記~自分の中の他者~

旅の出会いは「未知」なのか「遠い昔の甦り」なのか 自分でもよくわからないけれどそこに身を置いて湧き上がってくるものがある 自分はこうやって出来ているという価値観を根底からひっくり返されるような驚き 出会ってしまった自分に …

お好み焼き

故郷にある「ふるさと」という関西風お好み焼き屋は70歳のおばちゃん一人でやっています。 体の大きな人が来ると、注文を聞く前に「うちは大盛りは作りませんよ。」と客に釘をさす。 席が空いてても、自分の満足のいく仕事量は限界が …

言うに言えない気持ち…

  認知症と診断された方のお気持ちを考えるとき 認知症 中核症状 行動・周辺症状 というキーワードを入り口にしてとらえはじめていないだろうか と内省。   年齢や疾患や障害…に関係なく 『環境』や『喪 …

夏の旅の終わりに…その2

  夏の終わりの空。 先日の旅先で見上げた空は青一色でした。   「片手に余るほど病気があるの…。」とおっしゃる74歳の女性と 抜けるような青空のもと、半日をご一緒させて頂きました。   私 …

おはようございます

ご利用者に朝のご挨拶をしたところ、 『今起きた』ような顔をしていたのでしょうか。。。 「あんたぁ~、今起きたんかね~、のんきでええよ~♪」とお褒め(?)の言葉を頂いて今日が始まりました(^-^;   さて、アロ …

夏の旅の終わりに その1

「語り」がそのまま「ニーズ」になるわけではない。 人は簡単には気持ちを明かさない。 目の前の人間が信用するに値するかどうか見極めている。 そして、信頼関係の程度によって語りを変える。

耳をすませて

初回訪問の前に、電話でご本人へご挨拶をさせて頂いた。 80歳代のそのご利用者は、前任のケアマネさんから勧められて、ベッドから起き上がり受話器を手にしてくださったご様子。 対面してのアセスメントは、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、 …

スイカ 14㎏

体調のすぐれないご主人に大好きなスイカを食べてもらいたいと 去年は14㎏のスイカを作られたご利用者   今年はご主人の初盆にお供えするために 去年以上のスイカを作って供えたいと 膝の治療やリハビリを続けてこられ …

« 1 15 16 17 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.