2回にわたって、自分の描いたアローチャートの検証を行ってみました。

検証を行ってみて、どんなことに気が付かれたでしょうか?

・→でつないでいるはずなのに、(-)→(+)とか(+)→(-)になっていた

・利用者さん目線で情報を描きいれていると思っていたけど、支援者側のとらえ方になっていた

・利用者さんよりも、家族の思いばかりに気を取られていた

・情報が多すぎて、見るべきことを見ていなかった

などなど、いろいろな気づきがあったかと思います。

では、その気づきに気を付けながらや、交差した→を交差しないように、情報の位置を工夫しながら、もう一度、アローチャートを描いてみましょうか。

(投稿 @あろま)