4月9日に群馬県前橋市で開催された
「一般社団法人アクティビティサポート設立記念講演会~価値ある介護を目指して~」
レポです。

公的保険制度にとらわれない外出サポートサービスを提供することで、今まで叶わなかった願いが実現できる。つまり、地域包括ケアシステムでいうところの自助の部分です。
そのようなサービスでももちろん、アセスメントが大切。アセスメントと言えば、アローチャート!

 

今回のキックオフイベントでは、

一般社団法人アクティビティサポート代表の南雲由夏さんのあいさつに始まり、

一般社団法人日本旅行介護士協会理事長の加藤信一さん

群馬県介護福祉士協会会長の小池昭雅さんが講演され、

広報部@DTも「サポートが作り出す価値も、アセスメントがモノを言う~アローチャートでみせる、ご利用者の景色」というタイトルでアローチャートのプレゼンをしました。

アローチャート(ほぼ)未踏の地である群馬&研修形式ではないプレゼンというチャレンジでしたが、ありがたいことに興味をもってくださり、研修開催の運びとなりました♪

ということで、今年は北関東もアツくなりそうです!

 

広報部@DT