結婚を機に、
都会から地方に移り住んだ私にとって
ここでの人間関係は一言でいうと
“濃い”のである。

家族や親せきであったり
会社の同僚であったり
学校の先輩後輩であったり
サークル仲間であったり…

とにかく、どこかでみんな
繋がっているように思え、
迂闊にものが言えないのである。

最初はそれをストレスに感じていた。

しかし今では新鮮な野菜をいただいたり
釣った魚をお裾分けでいただいたり、
近所のおばあさんが作った漬物をいただいたり…

都会では贅沢とさえ言える程の生活に、
ストレスのことなど忘れている。
お互いへの思いやりが自然なのだ。

巨大な交差点では、信号が変わると
一度にたくさん歩行者であふれかえっていた。

あの中で、見知らぬ人同士の関係など考えられず
無言で足早に通り過ぎるだけだった。

どっちが良いのかは分からないが、
今は毎日楽しく過ごしている。

それだけで十分だ。

(おしまい)

※ストーリーはフィクションです。

by Dee