5月になると咲く花がある。
名前は分からないが、
心が洗われるような花だ。

その花の木は大きくないが、
通勤路にあり
いつも通りながら見ている。

そこは元々保育園だったが
昨年別の所へ移転し、
今は更地になっている。

建物が壊される時、
その木も切られるのか
それとも移転先に移すのか
気掛かりではあった。

しかし今も木だけは残っている。

園児達の声は聞こえなくなり、
芽吹く前の枝だけの姿だが、

誰かのためではなく
その木自身のために
今年も花をつけるだろう。

僕は勝手にそれを期待し、
愉しみにし、待っているのだ。

ところでこの木を植えた人は、
何を思って植えたのだろう?

(おしまい)

※物語はフクションです。

by Dee